洗顔方法を工夫するだけで敏感肌から解放される

婦人

肌への負担とバリア機能

レディ

合わないものは使わない

今や女性全体の中でも約七割の人が敏感肌に悩んでいると言われています。そもそも、敏感肌とは肌が乾燥する事で肌自身が持っている肌を守るバリア機能が低下する事で起こる症状です。私たちの肌には誰でも化粧品や洗顔料、紫外線など日々受ける外部からの刺激から守る機能が働いています。しかし、栄養の偏った食生活や過度のストレス、間違ったスキンケアなどを行うと、バリア機能を維持している細胞間脂質という成分が減少してしまいます。これにより肌の潤いである水分が減り、バリア機能も低下して少しの刺激にも反応する様になってしまうのです。主に肌の赤みやほてり、化粧品が沁みてヒリヒリしたり、洗顔料が合わず痒くなってしまうなどの症状が見られます。敏感肌を改善するには原因となる食生活やストレスなどの生活習慣を見直すと共に肌に負担がかかる事を控える事が重要です。例えば、使用後肌に違和感が残る洗顔料を無理して使っていたりしませんか。「使わないともったいない」とか「以前は何の問題もなかったから」という理由で肌に合わないにも関わらず使用し続ける人は意外と少なくありません。肌に合わないものを使い続けるとそれだけでも肌に負担がかかり、益々症状が酷くなってしまう可能性もあります。合わないものは無理に使用せず、無添加・低刺激の敏感肌用の洗顔料や余分な成分が入っていない天然素材の固形石鹸などがお勧めですよ。洗顔料に限らず、化粧水や美容液などのスキンケア用品に関しても同じで合わないものは肌の為にも刺激の少ない商品に変更するようにしましょう。