洗顔方法を工夫するだけで敏感肌から解放される

婦人
  1. ホーム
  2. 刺激の少ない製品にする

刺激の少ない製品にする

固形石鹸

成分は必ず見ましょう

肌には本来外部や内部からの刺激から守るバリア機能が備わっています。しかし、間違ったスキンケアや生活習慣が原因でバリア機能が下がると、ちょっとしたことでも肌トラブルが起きやすい敏感肌となります。医学的にはっきりとした定義はありませんが、一般的に出る症状としては洗顔後の乾燥・化粧品による赤みやざらつきなどが挙げられます。敏感肌の人は特に使う洗顔料には気を付けましょう。余計な成分が入っていると肌に刺激を与えてしまい、トラブルが起きる可能性が高いです。洗顔時や洗顔後に刺激を感じたらすぐに使用を中止してください。一般的な洗顔料は、製品の状態や香りを保つために香料や防腐剤が含まれています。中には刺激が強い添加物もあるので、外部の刺激に弱い敏感肌の人には逆効果となってしまいます。敏感肌向けの洗顔料は余計な防腐剤や香料を含まず、肌への刺激が少ない成分で構成されてる場合が多いです。洗顔料を選ぶ際には、敏感肌用か低刺激と表示されている製品を選びましょう。また、洗顔料に欠かせない成分として「界面活性剤」があります。この成分が顔の汚れを洗い流してきれいにしてくれるのです。界面活性剤は天然成分と人工の成分でつくられるものがあります。一般的には、天然成分で作られた物の方が低刺激といわれています。人口成分である「合成界面活性剤」も全てが肌に悪いわけではありません。ですが、石油成分由来である場合は洗っても落ちにくいため、洗顔後も肌に残って刺激を与え続ける可能性があります。しかし界面活性剤は種類が多く、肌への刺激が少ない成分だけを選ぶのは難しいのが現状です。それに天然の界面活性剤であっても、アレルギーや刺激にならないとは限らないのです。多くの敏感肌用や低刺激の洗顔料なら刺激の少ない洗浄成分を使っているので、成分表示で見分けることも可能です。